本文へ移動

栄養課

ご利用者が「おいしい!」と笑顔になってくださることが私たちの原動力なのです

11名のスタッフでおよそ100名のご利用者の食事、朝・昼・夜3食それから午前・午後のおやつを作ります。
各スタッフの得意分野をフルに生かし、ご利用者の笑顔と健康のために頑張っています。

一つ一つの料理にいろいろな工夫を凝らしています

調理主任 曽根健二
専門は洋食です。ご利用者が食事を毎食楽しみにしてくださるよう、美味しく食べてくださるように、工夫を凝らしています。
コロナ以前は話題のレストランに試食に行ったり、講習会で学んだりしましたね。それらを当苑にアレンジして新メニューを提供しています
スタッフと話し合うことも美味しい料理を作る上では重要で、自分が気づかなかった視点からの意見は勉強になりますね。
手作りハンバーグもね、口の中でホロっとほどけるようにタネを仕込むコツがあるんですよ。見えないところにもそういう技を仕込んでいます。

ご利用者が「おいしい!」と喜んでくださるメニューを考えています

 栄養士 望月真美
ご利用者が大きな口をあけてぱくぱく食べてくださるのをみるのはとてもうれしいですね。残食が少ないと“やった!”と思います。
私は食材の発注を行っているので、在庫が少ない等の情報をスタッフと共有してメンバーがスムーズに動けるよう、連携に気を配っています。

笑顔で「おいしい!」って言われると達成感があります

  調理師 井海健
やりがいのある仕事です。温かいものは温かく提供するということで時間に追われるのは大変ですが、もはや快感の域ですね。
自分は魚が得意なんですよ。刺身、寿司とかね。自分の卵焼きは人気があって、次回の提供はいつか?ってとても楽しみにしてくださる。
調理人冥利につきますね。目標はより一層Qualityを高めること。
自分のファン、あ…料理のファンね。もっともっと増えるようにますます頑張ります!
TOPへ戻る